映画「アルキメデスの大戦」

少し前になりますが,映画「アルキメデスの大戦」を観に行きました。

あらすじは,wikipediaに書いてありますが,戦艦大和の建造計画を阻止するために,天才数学者・櫂直(菅田将暉)が数学を用いて,その計画を阻止しようとする。

そのために戦艦大和の建造費の見積額が嘘であることを暴こうとするが,設計図も無ければ,戦艦の建造にかかる情報も全くない。しかし,櫂直の独自の視点から数学を用いて,1つずつ解決していく(証明していく)。

ガリレオのように数式を無理矢理解くシーンは無いので,あまり数学を用いているようには思えませんが,所々で数学的な考えが出てきます。

ただ,映画の冒頭に戦艦大和が沈むシーンがあり,すなわち戦艦大和が結果的に建造されたことが分かります。

数学好きで無くても,面白い映画だと思います。